不適応者 | zch9xi | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

不適応者

返信

数合わせで合コンに参加したけど、なんか苦手。


そもそも人見知りだし大人数の前で喋るのが苦手だから


どうなるかは目に見えてたんだけど


食わず嫌いはいけないと思って数回は行ってみた。


やっぱり無理。


面白くないことに笑ったり


興味のない話に興味ありげに反応したり。


途中で疲れて喋るのも相槌打つのも面倒になってくる。


”空気を読む”っていうのがそもそもわからない。


”空気”って何。


他人に対して”空気読めない”って言う人は


”空気”っていうものを


曖昧な言葉を使わずに説明をしてみてほしい。




…なんて、ここ最近感じるけど


ただ単に合コンに行かなきゃいいだけの話だし、


見えない敵と戦うのはもう疲れた。

投稿者 zch9xi | 返信 (2) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 不適応者

http://vuchqe.sa.yona.la/187

返信

数合わせで合コンに行くだけでもある程度空気読む力あると思うぞ。

誘ったって絶対来ないやつとかいくらでもいるし。(おれも行かないけど。)

要するに空気読むってオレに合わせろよ、場に流されろよってことだから。

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

Re: 不適応者

空気

返信

本当に空気が読めない人は嫌われているからそもそも合コンに呼ばれませんよ。

それに,読めないのと読めてるけどしない(する)っていうのも違いますし。


「空気」っていうのは要するに「暗黙の了解」だとか「みんながそうすべき(あるいはしてはいけない)と思っていること」だと思います。


ただそこで言う“みんな”というのはあくまで“多数派”ということで,それが絶対的な正義というわけではありません。

「多数派」の人とは違う考えを持った“少数派”も尊重されるべきです。

zch9xiさんは“少数派”なだけで空気が読めないわけではないと思います。

周りの人(“多数派”)が「合コンのような場では盛り上がってるふりをしたり愛想良くしたりすべき」と思っているのに対して,「私はそういうの苦手。面白くもないのに笑えねぇよ」っていう他の人とは違う考えを持っている(できないという自覚のある)“少数派”なだけです。


本当に空気が読めない人というのは多数派でも少数派でもなく,よく考えずに行動して他人に不快感をあたえる人だと思います。

その場でどう振る舞うべきなのかあるいは振る舞わなくてもいいのかを考えもしない,自分の考えや主張を持たず,自分が他人に不快感をあたえているという自覚もない人のことです。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.